doggyrx.com

日本国債は安定している

日本国債は安定している

日本国債は安定している 国の運営資金の一部として利用されるのが、国債です。国債というのは、しかし国の借金であって、決して健全な運用資金というわけではありません。しかし国家経済というのは、なかなか借金をしなければまわっていかないものでもあり、したがって国債というのは、一種の必要悪と見られてもいるのです。

現在、すでに日本の国債は1000兆円を超えています。これははっきり言ってかなり危険な状態であるとも言えますが、しかし日本の国債の特徴として、それが破綻することはまずないと言われています。それは日本国債の保有者というのは、日本の金融機関や日本の個人投資家に限られ、外国人の保有率が諸外国と比べて極端に低いからであります。外国人の保有率が低いと、どうして国債が安全になるのでしょうか。国債というのは、もちろん国家経済と密接な関係にあり、国家経済が傾くと、すなわち国債を発行することが難しくなります。それは経済が悪いのでその国の国債に信用も下落するからです。しかし日本の場合、日本の投資家や金融機関がそのほとんどを保有しているので、たとえ国家経済が悪かったとしても、手放したり大胆に売ってしまったりしないでそのまま持ち続ける傾向が高いのです。そのため安定性も高いのです。